月別アーカイブ: 2017年11月

腎臓病の人のために低たんぱくの特殊食品があります

腎臓病の人のために低たんぱくの特殊食品があります。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、その通りでは難しいご飯制限が行ないやすくなります。腎臓機能が下がっていくに従い、今以上に考えてご飯を管理する必要があるでしょう。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限も伴います。個人の見解で判断するのではなく、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにして下さい。ご飯によって獲得したたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量を抑える必要があるでしょう。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する必要があるでしょう。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用してつくられているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のたんぱく質が内包されています。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため血液の濾過作用が上手に行なわれず、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症を発生指せる要因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く畏れがあります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しいご飯療法の元一定量を体内へと送り続ける必要があるのです。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分のみでなく水分の調整も求められます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中にふくまれる全ての水分が該当します。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限を設ける項目は塩分だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病を患った方がおこなうご飯療法のポイントは、できるだけ腎臓病を悪化指せない事と、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析導入を遅らせることができます。更に言えば、透析開始後も、できるだけ体調を崩さずに透析に望むために、ご飯療法は必須なのです。徹底したご飯療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。沿うとう上手くいった場合、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせる事が可能なのです。ご飯療法は難しいと思われがちですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではありません。ご飯療法は、患者が自ら意欲的に取り組める最善の手法になります。クレアチニンは筋肉中に存在している物質からつくり出される老廃物で、腎臓に行き分離された後他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が減れば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が多くなるために、本来の値よりクレアチニン量が低下します。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼすか水にさらしてから調理して下さい。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食品の分類や調理を実行する際の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>低たんぱく食品宅配

便秘に向けた対策で最近話題を集めている落下腸マッサージ!

便秘に向けた対策で、最近話題を集めているのが「落下腸マッサージ」です。テレビの情報番組で紹介されたのを皮切りに、多くの人が興味を抱くようになりました。大人から子供まで便秘で困っている人はそうとう数存在するので、テレビ番組でも便秘を解消するための特集は珍しくありません。そうした中、ここ最近便秘の誘因として認識されるようになったのが、落下腸なる現象です。下剤依存症にもレベルが存在し、「下剤を飲まなければ便意を催せない」ぐらいの比較的軽度の依存であれば、日々の過ごし方や食事内容に注意することで改善に導けます。一先ず、腸の機能を正常なレベルに戻すため、日に3度、規則的に食事を取るところから開始しましょう。1日の中で朝は最も便意が発生しやすいことから、朝食を抜くのは以ての外です。便のもとが出来上がるように、量もきっちり取らなければいけません。女性は男性に対して元々の筋肉量が少なく、排便時力が及び辛いので、腹筋を強化するために運動を取り入れましょう。ウォーキングですと、下腹部に意図的に力を加えて歩くことで、腸に信号が伝達され、ぜん動運動が効率的に成されるようになります。深呼吸しながら軽度のストレッチを行うのも良しとされます。ストレッチの中で背中からわき腹に向けて伸ばすものや体側を伸ばすストレッチに関して言えば、乱れた自律神経を整える作用があると言います。体調などに異変が無ければ排便は毎日あるはずです。 けれど、3日に1日ペースで排泄した便の色や形・加えて量が、 普段通りなら便秘には該当しません。 反対に、習慣的に出ていても固い・少量など目に見えて 変調があるようなら間違いなく便秘な訳です。 ならば、慢性化している便秘とは どのレベルの状態を現すのでしょうか? 明確な意図付けが無いようですが、 排便ペースが週2回を下回りそれが3か月以上になれば 「慢性便秘」と言うのだそうです。直腸性便秘と言うのは、直腸の部分に便が残留したままの便秘のことを言います。大腸には問題がなく、肛門の近くの部分に異常が発生することで排便がしにくくなってしまいます。日常的に便意を我慢することが引き金となって起こります。一般的には、便が直腸に達するとそれを排出するように体が反応しますが、日頃から排便を我慢していると、このセンサーの働きが悪くなり便意を感じにくくなってしまいます。排便時に強い痛みがある、便が非常に太く硬くなるなどの特徴もあります。便秘に効果的なツボは、手や足など多くの部位に点在しています。けれど、便秘を大元から解消したい場合は、患部付近のお腹のツボを押さなければなりません。お腹には、整腸に働くツボが結構あります。加えて、腹部のツボは単にツボ押しの作用だけでなく、腸を的確に刺激するマッサージとしてのダイレクトな効力も期待できます。目が覚めた直後や用を足す際に腹部のツボを押すのがオススメです。便秘状態に陥ると体内で悪玉菌が増加し腸の機能が低下します。加えて、繁殖した悪玉菌が有毒ガスを発生させるため、発熱を起こす場合があります。こういった症状は免疫力が弱体化している場合に見受けられるので、免疫力の基準値が低い子供にありがちなのです。大人の場合子供より免疫機能が高いので、現れにくい症状ではありますが、疲れきっている時やストレス・風邪等などが元となり肉体・精神の両方で圧迫されている状態の時は気を付けるようにしましょう。便秘を治さずにほったらかしにしておくと、食欲の減退や肌荒れ等、体に次々と悪影響が出始めます。便秘薬を利用することである程度症状は弱まりますが、根っこから問題を解決するためには、常日頃からのケアが必要です。全身運動(歩行など)と類似の働きが期待でき、腸が便を押し出すぜん動運動もマッサージで促されます。便秘で悩まないようにするために、日常からしっかりマッサージを行いましょう。体にとって必要な食物繊維の量が足りなくなると、便が固定化できず腸に居座り、便秘を引き起こす原因になります。ただし、食物繊維を取りすぎると便が固まった状態のコロコロ便となってしまうので、水分も相応の量を取り入れなければなりません。また、日頃から適度な運動を心がけて、腸のぜん動運動を活性化させることも重要です。たかが便秘と気にも留めない方が大半なのでしょうが、便秘を放っておくと大変なことになります。便秘は通常女性に多く、妊娠すると更に便秘の症状が出やすくなります。妊娠することによって大きくなった妊娠子宮が腸管を圧迫する、その上平常時と比べて、異様に高い数量の黄体ホルモンが要因でなる腸管のぜん動運動の弱体化などがそのような便秘の原因だと言います。治療法としては非妊娠時と同様ですが、生活習慣を変えていくことになります。