月別アーカイブ: 2018年5月

オルニチンはお酒を飲んだ後の代謝やデトックスにも高い効果があります

肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルという働きも行われます。このもうひとつのサイクルは肝細胞の中で機能していて、脂質やタンパク質、炭水化物からATP(アデノシン三リン酸)を生成します。ATPというのは筋肉のエネルギー源で、人間の生命活動には欠かすことができません。アンモニアはこのTCAサイクルを阻害してしまうのです。オルチニンはオルチニンサイクル機能によって、アルコールの分解と同時に、有毒なアンモニアの解毒作用も発動するため、理想的なアルコール処理が可能になります。この効果を期待してオルチニンサプリを飲むなら、お酒より先にサプリを飲むようにしましょう。少なくともお酒が進みすぎる前には飲んでください。後は眠っている間にアルコール処理が、滞りなく速やかに進みます。オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。 アミノ酸はタンパク質の持ととなっている物質です。オルニチンはアミノ酸でも特殊で浮遊したままタンパク質にならない体内の遊離アミノ酸によってできています。遊離アミノ酸は血液中に含まれていて、血液と伴に体内を巡って各器官の働きを補助しています。ですからオルチニンを取り入れれば、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを予防する効果があります。体内のオルチニンサイクルにより、アンモニアが解毒されて尿素になり、腎臓は負担なく簡単に尿として出してしまうことも可能になります。一方オルチニンが足りなくなってオルチニンサイクルが機能しなくなり、アンモニアがどんどん増え、オルチニンによる肝臓の補助が追いつかなくなると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。オルチニンの摂取量については、目安となるのが1日につき500mg~1000mg程度です。500mgから1000mgというと結構の幅だと思われそうですが、これは個体差に対応するためです。ひとそれぞれ身長も体重持ちがいますし、内臓の処理能力も異なります。自分に合った量を知るには、毎日少しずつ服用する量を変えたりして、ちょうど良い量やタイミングを見つけるようにしてください。肝機能を向上させるのもオルチニンの効能なので、お酒を飲んだアトの代謝やデトックスにも高い効果があります。このため、悪酔いを予防したり、酔いが回るスピードを抑えてくれる効果も求めることが可能です。持ちろん、幾らオルチニンサプリを飲んでいても、あんまりお酒を飲みすぎると、かえって肝臓の状態を悪くさせることになりますから注意してください。肝臓というのは、70%から80%を切り取っても、約6ヶ月で元の大きさに戻るほど回復力が強いため、多少のダメージ程度では特に問題なく働きつづけます。このため肝臓のダメージに本人に自覚症状が現れないことも多く、症状が現れた時は結構病状が進行した状態となっているケースも多くあり、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。オルニチンは身体で生成されない成分なので外部から取り込まなくてはなりません。ですが食物から必要十分な量を取り入れるには膨大な量の食事が必要になります。十分なオルチニンサイクルの活性化に必要な量は個人差がありますが、おおむね1日に400mg程度と言われているのです。しじみ(オルチニンが豊富に含まれる)でそれを補うには、1日あたり1000個以上のしじみを摂らなくてはなりません。他にも、シトルリンとアルギニンというアミノ酸もあり、ドラッグストア(トイレットペーパーや化粧品などが比較的安く購入できることが多いです)でもサプリメントを見かけます。オルチニンは成長ホルモン誘導体としても知られており、オルニチンも伴にサプリに配合されているケースもあります。 筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、トレーニング好きな男性にもお薦めです。 健康の維持や増進に加えて、ダイエット効果や美容効果にも期待して、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、最近増えています。オルニチンに期待する効果はいろいろだと思いますが、オルニチン摂取の目的をあげるとすれば、肝機能を上げて回復力を高めることにより、体の中の脂肪を燃やすことです。晩酌が日課になっていて、検診で数値が引っかかった方、肝機能の衰えを感じている方や、脂肪を燃やしたいダイエット中の方には、まさにうってつけの成分ですね。参考にしたサイト⇒オルニチン サプリ ランキング

背中ニキビができる原因は乾燥・睡眠不足・疲労という物理的ストレス

背中ニキビができる原因としては、乾燥、睡眠不足、疲労という物理的ストレス、そして精神的ストレスです。強いストレスを受けると、交感神経が自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)のなかでもっとも活発になるでしょう。交感神経が優位に立つと、多く男性ホルモンが分泌されるようになり、正常なホルモンバランスではなくなってしまいます。男性ホルモンは皮脂分泌を促し、角栓を発生指せ、その上毛穴の縮小を引き起こすのです。顔や胸といった部位にはニキビがないのに、背中にできたニキビだけが悪化する人も多いようです。顔にできるタイプのものとは違い、背中ニキビは深刻化するまで気がつかない場合も多く、気付いた時には慢性化していて治療が長引くことがあります。かゆみや痛みが強く感じられるときには、専門医を頼りましょう。炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡を背中にのこしてしまうかもしれません。人間の皮膚にはマラセチア菌という常在菌が存在し、このマラセチア菌は人間の皮脂を好む性質があります。内部に皮脂が詰め込まれた白ニキビは、マラセチア菌にとって絶好の環境。ニキビ内にマラセチア菌が入り込むと、たくさんの皮脂を食べながら増えてゆき、トリグリセリドと呼ばれる、皮脂に含まれる中性脂肪を遊離脂肪酸という刺激物質へと変化指せてしまうのです。背中ニキビを治したり、防ぐために摂ることをお奨めする栄養素としては、ビタミンB群です。豚肉を初め、レバー、乳製品などに含まれるビタミンB2、カツオやマグロ、そのほか鶏指さみなどに含まれるビタミンB6には、皮脂の分泌を減らします。かぼちゃ・にんじんに含有され立たっぷりのビタミンA、ゴマや玄米に含まれる亜鉛、レモンやイチゴがたっぷり含んでいるビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促します。背中、二の腕から、お尻や太もも、ふくらはぎなどにブツブツができてしまっているのは、毛孔性苔癬かもしれません。またの名を毛孔性角化症といい、その原因は古い角質の肥厚化です。ニキビと似てはいますが、細菌が起こす炎症でないという点で大聞く異なるでしょう。原因としては遺伝的要素が強く、年をとっていくにつれて自然に治っていることも多いといいます。背中を洗うとき、汚れを落とすためとはいえ、ナイロンタオルやボディブラシを持ってゴシゴシ洗いをしてはいけません。刺激を強く与えることで肌のバリア機能が低下したり、背中ニキビができている場合には、傷付けてますます炎症指せてしまいます。汚れを初め、余分な皮脂・古い角質などはきれいにしなければいけませんが、優しく、こすり過ぎないようにしましょう。大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活を送り、寝不足がちで、乱れた食生活などが原因となっています。自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)が乱れてくると、ホルモンバランスも狂ってしまい、肌トラブルのもととなるでしょう。気になる人は、生活を見直してみましょう。栄養バランスに気をかけ、ビタミン類を多く含む食事をとるなどし、規律ある生活を心がけ、睡眠時間を多めに取ることが大切です。背中ニキビの予防・対策を考える際、入浴時に注意すべき要因があります。洗顔には気を配るものの体は特に気にしていない人は危ないです。背中ニキビは、わざわざ鏡を二枚も使って見でもしなければ、捜すことが難しいのに、タンクトップなど背中が露出する服装を行ったら、かなり人目についてしまう、とても面倒な肌トラブルだといえます。肌の新陳代謝が活動的になるPM10時からAM2時に、しっかり睡眠時間を設けることはストレスをやわらげてくれます。ストレスが溜まると交感神経が刺激されて、背中ニキビをもたらす糖質コルチノイドが作られます。清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレス軽減にも役立ちニキビ発生をも防ぐこの上ないニキビ予防法です。背中ニキビの治療は大人ニキビと同様に、ビタミンC誘導体を含むローションや化粧水で保湿、毛穴をふさぐ角質を取り去るピーリングを軸にします。ピーリングはクリニックでしてもらうだけでなく、自分でも簡単にできます。入浴時にピーリング石鹸を使えば、古い角質を取り除くだけでなく、薬剤を肌に残す危険もなくなるでしょう。入浴後は保湿をしっかりと行うことも大切です。あわせて読むとおすすめなサイト⇒背中ニキビ 保湿 ケア